スポンサーサイト

  • 2014.06.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


A-Bloom vol.19

 暑い日が続きますが、
みなさん、いかがお過ごしですか?

お待たせしていましたA-Bloom vol.19が先週、無事校了しました。
詳しい内容はコチラになります↓

 ◆ヴァネス・ウー

SMASH来日!『夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜』公開記念ロングインタビュー

絶賛公開中の映画『夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜』の舞台挨拶のため、主演&製作のVANNESSと監督・脚本のジミー・ハン、出演と製作スタッフも務めたヴァネス・ウー、ジミー・ハン、DEAN FUJIOKA、エリック・トゥーが来日。舞台挨拶の合間にキャッチ!


ジェイ・チョウ

ジェイ・チョウ in 『天台』

監督・主演を務めた2作目の映画『天台』が公開を迎えたジェイ・チョウ。映画に対する熱い想いを語った彼のコメントと共に、『天台』を徹底解明。


  ジェイ登場! 上海国際映画祭パーフェクトレポート


  ◆ジェリー・イェン

ジェリー・イェン in 『花樣(原題)』

ジェリーをはじめ、ジョセフ、アイビー、ミシェルら主要キャストやゼロ・チョウ監督が改めて本作を振り返る。


ジョセフ・チェン×古川雄輝

お帰りなさい! ジョセフ除隊記念スペシャルインタビュー

無事兵役を終え、8月には1年ぶりの来日イベントを控えるジョセフ・チェン。日本ではどこよりも早く、除隊直後のジョセフの声をお届け!


中国を席巻! 新・入江直樹 古川雄輝に超接近インタビュー&特写

日本版『イタズラなKIssLove in TOKYO』で入江直樹を演じた古川雄輝。同時放送されている中国で今、一番熱い日本人俳優として人気急上昇中の彼に独占インタビュー。


100倍面白くなる 『イタズラなKiss』日台韓ドラマ比較


ジロー(フェイルンハイ)

来日ソロライブ大成功! ジロー直撃インタビュー

初の日本ソロライブを大成功に収めたジロー。興奮覚めやらない翌朝、ジローを直撃!「疲れた〜」と言いつつ満足な笑顔のジローにライブの感想や最新ドラマ『美男ですね〈イケメン〉ですね〜Fabulous☆Boys』の裏エピソードなどをインタビュー。


『美男ですね〈イケメン〉ですね』ドラマ比較紹介&ロック全開の来日ソロライブ完全レポート


AARON(フェイルンハイ)

ニューアルバム発売記念 来日スペシャルインタビュー

ニューアルバム『The Moment―紀念日―』リリース記念イベントを開催したAARONアルバム制作秘話や7月のファンミ、8月のa-nation出演への意気込みを聞いた。


アルバム発売記念イベント&ファンミ ダブル来日イベント徹底レポート


ケルビン(フェイルンハイ)

来日ファンミ開催記念インタビュー

8カ月ぶりの来日ファンミーティングを開催したケルビン。イベント直前、リハーサル中の会場でケルビンをインタビュー&特写。


来日ファンミーティング詳細レポート


pick up artists interviews

ロイ・チウ in 『スクリュー・ガール 一発逆転婚!!

マイク・ハー in 1/2の両想い』

ジョージ・フー in 『夏の協奏曲』


  ◆ドラマ『シンデレラの法則』特集

8月にDVDをリリースする台湾ドラマ『シンデレラの法則』。前号のカオ・イーシャンに続き、もう一人のイケメン御曹司チャン・ハンやヒロインを務めたジョー・チェンのインタビューと共に、ドラマを詳細に紹介。


  ◆ドラマ『逆転!赤ずきん』特集

7月よりホームドラマチャンネルで放送開始したドラマ『逆転!赤ずきん』をメインキャスト3人のインタビュー&特写と共に紹介。


巻末特集 東方神起 × A-Bloom

東方神起 in L.A.

A-BloomK-POPの初コラボレーションは、東方神起!L.A.でのツアーを大成功させた東方神起のライブレポートをどこよりも早くお届け。今年始めに行われた独占インタビューも網羅し、彼らのアメリカでの評判や期待度を10ページに渡って大特集!


表紙は、後ほどアップしますね。お楽しみに〜。

A-Bloom vol.19のご予約はコチラから↓

amazon

HMV

セブンネット



新旧・入江くん

 昨日はここ↓で取材でした。


2013年版、日本の入江直樹くんにインタビュー。
日中同時放送で、今、中国は空前の『イタKiss』ブームだとか。
この日も外で撮影をしていたら、
中国からプレゼントを届けにきた女の子が偶然、遭遇。
「ホ……ホンニンデスカ?」と、
真っ赤になりながら、握手をしてもらっていました。

今、A-Bloomスタッフが上海映画祭に行っており、
中国の記者はみんな、
「新・入江くんが今、中国で一番人気の日本人スター」と
口をそろえて言うそうです。
本人も、得意の英語を生かして海外でも活動したいとおっしゃっていたので、
今後の活躍に期待大ですね!

A-Bloom次号は、タイトル通り、
新旧・入江くん対決です。
ABでの入江くんと言えば……そう、あの人!
DVD『26375〜winding road〜』がもうすぐ発売ですね。
ジョセフの初来日からずっと取材してきたABスタッフ。
名古屋、大阪、北海道、はてはハワイまで追いかけて……。
事前にお借りしたサンプル映像を見つつ、
ABスタッフは不覚にも泣いてしまいました……。
ジョセフの日本での軌跡は、
ABの軌跡でもあります。

まだお求めになっていない方は、
こちらからぜひ!


そして、AB vol.18もまだまだ絶賛発売中です。
よろしくお願いいたします〜!




ジローインタビュー

月曜にジローのインタビューがあったので、
そのときの様子をご報告します。

覚えたてのギャグを披露したいのか、
A-Bloomが1番最初のインタビューだったので、
こちらの反応を伺っているのか…、
「フライングゲット」と「今でしょ」を連発していたジロー。


そんな様子が、サインポラからも伺えます。
ポーズはしっかりギャグバージョンで、
さらには、日本語も入れたいと、
スタッフさんに習いながら書いてくれました。

1番右は「美男<イケメン>ですね」にちなんで、
「イケメン」ポーズなんだそう。
カタカナが「イケヤソ」に見えるのも、またかわいいです。

きっと今、このタイミングでしか書かないであろう
日本語入りのポラ、かなりレアじゃないですか???

vol.18でもジローのインタビューを掲載しています。
ご購入はこちらからどうぞ。
↓↓↓

ウーズン東京ファンミ

こんばんは
昨日の名古屋、今日の東京と、
ウーズンファンのみなさんはファンミを堪能し、
最高のGW前半を締めくくられたのではないでしょうか?
A-Bloomでも昼の部をばっちり取材してきました。

今回も、ウーズンらしいほのぼのファンミでしたが(笑)、
クイズコーナーの
「欠かせないのは携帯電話? タンクトップ?」の質問には
ブブッと吹き出してしまいました

実は、前号vol.17と最新号vol.18で特集している
ウーズンの台北独占インタビュー。
ABスタッフが撮影スタジオに到着した時、
すでにウーズン一行はヘアメイクを始めていたと
小誌でもご紹介していますが、
その時はタンクトップ姿でウロウロしていたウーズン。
その後、ビシッとスーツ姿に変身したわけですが、
「もし、あの時タンクトップがなかったら……」と
今日のクイズで想像してしまい、鼻血が出そうになりました……。

そんな妄想も膨らんでしまう
A-Bloom最新号vol.18の購入はコチラ↓


ウーズン祭り!

おはようございます!
いよいよ、本日のウーズン名古屋ファンミを皮切りに、
2013 春の華流アーティスト来日ラッシュがスタートですね!
わたしも、明日のウーズンファンミ東京公演には
うかがう予定です。

さてさて、今回のウーズンファンミでは、
グッズ販売ブースでA-Bloomも販売いたします!
ウーズン表紙&巻頭だったvol.17をメインに、
現在発売中の最新号vol.18、
もう書店では手に入れられない
vol.15、vol.16も若干数ですが並びます。

まだ購入していなかった方、
買いそびれてしまった方は、
ぜひ、この機会にお手に取っていただけたら幸いです。

これから毎週のように
華流アーティストが来日するので、
みなさんもうれしい忙しさではないでしょうか?
A-Bloomスタッフも取材に奔走します。
次号は、夏発売予定なので、お楽しみに!

絶賛発売中の最新号vol.18の購入はコチラ↓


A-Bloom vol.18 本日発売!

 お待たせしました!
本日、A-Bloom 最新号 vol.18が発売しました。
今号より、マイナーチェンジしています。

表紙はコチラ↓

ネット書店を利用されたり、
事前予約を書店でしてくださる読者の皆様の要望を受けて、
中身が一目でわかる表紙にしました。
インタビューしたアーティスト全員が登場する表紙は、
いかがでしょうか?

「ビジュアル&インタビューマガジン」らしい充実の内容を
ここで詳細にご紹介しましょう。

F4

4年ぶりの再集結! F4 in 中国春節特番 完全レポート(4P

中国・江蘇衛生テレビの春節特番で、4年ぶりの再集結をはたしたF4収録の舞台裏から本番までの詳細を完全レポート!


ジェリー・イェン

ジェリー in ドラマ『True Love〜愛のために〜』ロングインタビュー(7P

最新主演ドラマ『True Love〜愛のために〜(仮)』がついにクランクアップしたジェリー。撮影も終盤戦を迎えた1月下旬、ジェリーを直撃。彼ありきで制作されたラブロマンスについて語ったロングインタビューを一挙掲載!


True Love〜愛のために〜』制作発表記者会見@新竹レポート(1P

121日、台湾・新竹で開かれた『True Love〜愛のために〜(仮)』の制作発表記者会見をレポート!


VANNESS

写真集発売記念! スペシャルインタビュー in 台北(6P

制作期間2年を費やし、ついに発売されるVANNESS×蜷川実花写真集『Renaissance』。それを記念して、台北でVANNESSの単独インタビューを敢行。


相棒・ジミー・ハンが語る映画『夢の向こう側ROAD LESS TRAVELED』(1P


ヴィック・チョウ×ウーズン

『忠烈楊家將』完成披露記者会見レポート(3P

4月に公開される香港アクション映画『忠烈楊家將』のキャンペーンイベントが2月、台北で開催。イーキン・チェンらと登壇したヴィック・チョウとウーズンの様子を完全レポート。

ウーズン

日本ファンミ直前スペシャルインタビュー&特写(4P

ドラマ『金田一少年の事件簿〜香港九龍財宝殺人事件〜』でファン急増のウーズン。428日、29日に待望の日本ファンミーティングを開催する彼に直前スペシャルインタビュー!


vol.17独占インタビューの舞台裏を大公開!(2P

ドラマ『金田一少年の事件簿〜香港九龍財宝殺人事件〜』大特集だった前号vol.17の取材舞台裏を詳細レポート!


ジロー(フェイルンハイ)

『美男<イケメン>ですね』クランクアップ おつかれさまインタビュー(4P

日台合作ドラマ『美男<イケメン>ですね』がついにオールクランクアップ!それを記念して、ジローを台北でインタビュー。ドラマのこと、6月の初ソロライブのことを赤裸裸告白。


『美男<イケメン>ですね』沖縄ロケ&台北ライブ2大レポート(2P


AARON(フェイルンハイ)

ニューアルバム発売! リリース記念インタビュー(6P

3月にニューアルバム『The Moment―紀念日―』発売、5月にはリリース記念イベント開催のAARON前号に引き続き登場のAARONに、アルバムのこと、久しぶりの来日記念イベントへの意気込みを聞いた。


ケルビン(フェイルンハイ)

お待ちかね! 8カ月ぶりの来日ファンミ開催決定インタビュー(4P

前回のファンツアーでは、ファンと一緒に富士急ハイランドで絶叫アトラクションを楽しんだケルビン。それから、8カ月。久しぶりのファンミを5月に開催する彼を、突撃インタビュー!


チェン・ボーリン

『イタズラな恋愛白書』大ヒット御礼スペシャルインタビュー&特写(5P

ドラマ『イタズラな恋愛白書』が日本でも大ヒットし、ファン待望の来日イベントまで開催したチェン・ボーリン。ドラマでは“理想の彼”を演じた彼は、プライベートでどんな恋愛をしているの?照れまくるボーリンに、恋愛エピソードを徹底追及!


生のダーレンにうっとり! DVD発売記念イベントレポート(1P

ドラマ『イタズラな恋愛白書』のDVD発売を記念して、222日に開催された来日イベントをレポート。


『イタズラな恋愛白書In Time With You〜』 シンガポールロケ地ガイド(1P


注目の華流イケメンNEWCOMER

カオ・イーシャン in ドラマ『シンデレラの法則』独占取り下ろしインタビュー(2P

チャン・シューハオ/クリス・ウー/フー・ドン/イェン・クァン


Mayday

LIVE直後!独占スペシャルインタビュー&特写(3P

Zepp Tokyoでの単独ライブを大成功に収めたばかりのMaydayを単独取材!ベテランバンドの友情と信頼あふれるエピソード満載のインタビューとなった。


満員御礼! Zepp Tokyo単独ソロライブ(1P

216日に開催したZepp Tokyoでの単独ライブレポートをお届け。


巻末特集 A-Bloom映画特集

ジェジュン in 『コードネーム:ジャッカル』(7P

主演映画『コードネーム:ジャッカル』公開を記念して、JYJジェジュンがA-Bloom初登場! 場面写真や特写と共にロングインタビューを掲載。


永瀬正敏 in KANO』(6P

永瀬正敏、大沢たかお出演で注目が集まる台湾映画『KANO』。1931年、台湾の嘉義農林学校・野球部が夏の甲子園の決勝戦まで勝ち進んだという実話をベースに映画のロケを密着レポート。永瀬正敏の特写&インタビューと共に特集。


ダーチン in 『セデック・バレ』(2P

台湾映画史上最高傑作といわれる『セデック・バレ』がいよいよ日本公開。第一部『太陽旗』で主役モーナ・ルダオを演じたダーチンがプロモーションのために初来日をはたした。以前はトラック運転手をしていたという彼の激動の俳優人生を独占インタビュー!


vol.18のご購入はこちらからどうぞ!


vol.18校了、そして、JYJ

昨日、無事にvol.18が校了となりました!

本誌FLIXの編集部で校了作業をした後は、
そのまま東京ドームへ。
JYJのコンサート取材に行ってきました。


JYJにとって3年振りの東京ドームコンサート。
JYJとファンの皆さん、どちらからも
「この時を待ちわびていた」という気持ちが
伝わってきて、思わずじ〜んときてしまいました。

vol.18には、そのJYJから、ジェジュンが初登場!
主演映画『コードネーム:ジャッカル』に
ついてたっぷり語ってくれています。

昨日のコンサートレポートは、
6月発売の「FLIX plus」に掲載しますので、
こちらもお楽しみに!

vol.18のご購入はこちらからどうぞ!

チェン・ボーリン? リー・ダーレン??

 先日、『イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜』の
プロモーションで来日していたチェン・ボーリンの
インタビューがありました。

ドラマの大ヒットはさることながら、ボーリンの演じたリー・ダーレンは、
台湾女子の間で一大旋風が巻き起こったほどの人気キャラクター。
私も、優しいダーレンにすっかり心を奪われてしまったひとりです。


写真からももおわかりのように、当日のボーリンはネクタイ姿。
カメラマンさんのリクエストで床に座るカットも撮影していたのですが、
私の立っていた位置から見ると、ダーレンがスーツ姿で
雨に打たれるシーンにそっくり!!!
(まだ観ていない方のために、シーンの詳細は書かないでおきます。)

その一瞬だけ、そこにいたのはボーリンではなく、
“リアル・ダーレン”だったのです(私のなかでは…)。
ポーズを取っている本人は、そんなことはまったく意識しておらず、
「失業した人みたいでしょ。(日本語で)クビ〜」と笑っていましたが…。

上がってきた写真をチェックすると、“リアル・ダーレン”ポーズは、
ちょっと気怠い大人な雰囲気に仕上がっていました。
是非是非楽しみにしていて下さいね!

A-Bloomは前号vol.17でもボーリンにインタビューをしています。
ご購入はこちらからどうぞ!

また、vol.13では、第1話撮影現場で彼を直撃しています。
掲載誌を持って行ったら、誌面を見た瞬間にプッと吹き出し、
「覚えてるよ〜」とボーリン。
なぜ吹き出したかというと…、特写が高校の制服姿という
レアなインタビューだったからです。
バックナンバーをご希望の方は小誌綴込ハガキにてお申込み下さいませ!

リー・バイロン刑事

おはようございます!
東京はいまだ先日の大雪が残っていますが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
まだ路面がすべりやすいので、通勤・通学にはお気を付けください。

さて、先日放送された『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』。
ウーズン、格好良かったですね〜!
日本語部分は吹き替えになっていましたが、
中国語部分はウーズンの声でしたね。
インタビューで、
「僕以外はみんな日本語でしゃべっているんだー」と
話していたので、本編はどういった処理になるのか
楽しみにしていましたが、
ドラマのトリックが複雑だったので、
字幕より吹き替えのほうがすんなり頭に入ってきてとても良かったです。

ドラマ放送開始直後から、
検索エンジンでの最新注目キーワードに
ウーズンが登場したのにはびっくりするやら、うれしいやら。
(Yahoo!では、最高3位!)
彼の生まれ持ったノーブルな雰囲気とストイックな美しさは
たった2時間でも多くの人の心をつかんだ証拠でしょう。

↓右の襟が中に入り込んで、ボツになった写真
しっかりしているようで、こんな天然なところも、
ウーズンのかわいいところですね。

A-Bloom vol.17の巻頭特集では、
『リー刑事、朝の身支度』仕様になっていますが、
次号vol.18でもウーズンは引き続き登場予定です。
vol.17とはうってかわって、
ワイルドなウーズンとなる予定なのでお楽しみに。

その前に、A-Bloom vol.17購入はコチラ↓


いよいよ今晩! 『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』

 いよいよ今晩9時より日本テレビ系列で
スペシャルドラマ『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』が
放送されます!
皆様、お見逃しのないよう
よろしくお願いいたします!

さてさて、今日はウーズン取材のエピソードをひとつ。
今回、表紙&巻頭を撮影してくれたのは
台湾人カメラマンの何國輝さん。
スタイリッシュですごく美しい写真を撮ってくれる方です。

彼の自宅兼スタジオで飼われているのが、この猫ちゃん↓


非常に人見知りで、
いつもはこんな風に隠れてしまうのですが、
ウーズンの撮影では珍しく出てきてゲストに挨拶をしました。
近づき過ぎず、遠過ぎずの距離を保ちながら、
ずっとウーズンをみつめていた猫ちゃん。
ウーズンはウーズンで、
猫に対しちょっかいを出すでもなく、
でも、嫌いな様子もなく。
そんな誰に対しても自然でニュートラルな空気感を出す
彼だからこそ、安心して猫ちゃんも
姿を現したんだと思います。

この猫ちゃん、最後はウーズンの姿が見えなくなるまで、
見送っていました。

A-Bloom vol.17購入はコチラ↓

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM