スポンサーサイト

  • 2014.06.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ジローインタビュー

月曜にジローのインタビューがあったので、
そのときの様子をご報告します。

覚えたてのギャグを披露したいのか、
A-Bloomが1番最初のインタビューだったので、
こちらの反応を伺っているのか…、
「フライングゲット」と「今でしょ」を連発していたジロー。


そんな様子が、サインポラからも伺えます。
ポーズはしっかりギャグバージョンで、
さらには、日本語も入れたいと、
スタッフさんに習いながら書いてくれました。

1番右は「美男<イケメン>ですね」にちなんで、
「イケメン」ポーズなんだそう。
カタカナが「イケヤソ」に見えるのも、またかわいいです。

きっと今、このタイミングでしか書かないであろう
日本語入りのポラ、かなりレアじゃないですか???

vol.18でもジローのインタビューを掲載しています。
ご購入はこちらからどうぞ。
↓↓↓

どんなスターにも不思議な魔法をかけるカメラマン

 A-Bloomでは、台湾で取材・撮影する時、
台湾人のカメラマンさんにお願いするケースがあります。
その中の一人で、一番付き合いの長いのが陳立偉さん。
1月11日発売のvol.17では、アーロンを撮影してくれました。

実は、立偉にかかると、
どんなスターもまるで魔法にかかったように……
不思議なポーズを披露してしまうのです(笑)。
伝説となっているのが、
初めてフェイルンハイのジローを単独取材した時。
彼のプライベートをテーマにした撮影でしたが、
なぜかショッピングカートを押すジローの姿が(笑)。
スタイリッシュなジローとカートという組み合わせは
あまりにシュールで、それは編集部判断でお蔵入りに(爆)。

そして、今回の餌食……いえいえ、撮影対象はアーロンです。
取材・撮影に立ち会ったスタッフが、翌日、
真っ青な顔で「とりあえず、大丈夫かどうか写真を見てください」と
慌てた様子でやってきました。
見ると……アーロンが踊りまくっています……。
話を聞くと、特にポーズの指示はなかったのに、
アーロン自ら、突然踊り始めたのだそう。
まさに、立偉マジック!
その中の1枚がこちら。


このブルーの背景とバックライト、スモークで、
アーロンは立偉に魔法をかけられたのでしょう。
これはこれで、アーロンのお茶目さが際立っていて良かったのですが、
彼の表情があまりよく見えないので、
vol.17には、“あまり踊っていないアーロン”を載せています。
お楽しみに!

(立偉自身は、魔法使いのような怪しさはなく、
バリスタ並みのカフェオレでいつももてなしてくれる
男性ファッション誌で活躍中のカメラマンさんです。
いつか立偉マジックにかかってお蔵入りとなった
写真だけを集めて本を出してみたい…笑)

A-Bloom vol.17購入はコチラ↓


いつもみんなのそばにいるよ by アーロン

ここ数日のポカポカ陽気で、一気に春満開ですね。
今日も東京は清々しいほどの青空で、
葉桜と桜吹雪が美しかったです。

さて、久しぶりに質問募集を行った
アーロンのインタビュー&撮影ですが、
先日、無事に完了しました。
今回は、比較的ゆったりしたインタビューだったので、
お寄せいただいた全ての質問に答えてもらうことができました

そして、アーロンから
今回の震災で被災された方や、
今も不便な生活を送っている方々、
そして、一丸となって踏ん張っている日本のみんなへ、
以下のメッセージを預かりました↓

うれしくて、涙が出ます

これまで取材したアーティストからも
お見舞いコメントがA-Bloomスタッフあてに届いています。
随時、ご紹介していく予定ですので、
楽しみにしていてくださいね。

がんばろう、日本!

最新号vol.12のご購入はコチラから




184センチ。「背、高っ!」

編集長の山本です。
いよいよ2007年も残りわずかとなりましたが、
みなさんいかがお過ごしですか?
今年はA-Bloom創刊の記念すべき年となりました。
来年はより大きな飛躍を目指しスタッフ一同頑張ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、少し早めのお年玉。
第2号はフェイルンハイ特集を予定していますが、
そのインタビュー第一弾となるケルビン取材を終えたライター渋谷さんから
その時の感想が届いたので紹介します。

「巷でも184cmくらいある人を見かけることはあるけど、それと何かが違う。
撮影場所に向かうとき、すぐ前を歩いているケルビンの後姿を観察しながら考えた。
私が普段目にしている人間とは、違う生物? と思うほど、超スタイルがいい。
少女マンガの中の男の子って、
「そりゃこんなスタイルは理想だけど、ホントにいるわきゃないだろ!」と
突っ込み入れてた私ですが、「いるよ、ここに」って。

撮影の時、カメラを向けられると、
ものすごい目力でレンズを見つめてポーズを取るところ、
すごくプロ根性を感じました。
かわいいなと思ったのは、次の表情を決める間に、
パクッと金魚のように口を丸くあくところ。ああやって、頬の筋肉緩めるのですね。
私がそんなことを思いつつ撮影の様子を眺めているとはつゆ知らず、
彼は次々とかっこよくポーズを決めて、ファインダーに収まったのでした。

会う前は学級委員的優等生イメージを抱いていたのですが、
ちっともそんなことなく、とても自然体で、素直ですがすがしくて、
品良くピチピチした若者でした。
インタビューにも、気負うことなく、まじめでありながら堅苦しくない受け答え。
そして、ムダがなく、理路整然とした話し方をするところに頭のよさを感じました。
そんな中でも、ちらっとかわいらしい本音が垣間見られるところもあったりと…。
それは、2月に雑誌が出るのを楽しみにしていてくださいね」

この取材には私も同行しましたが、まったくの同感。
カメラマンは、創刊号の表紙(仔仔)を撮影した山本さちこさんです。
なかなか、スタイリッシュでちょっぴりエロな仕上がりになってます。
新たなケルビンを発見したインタビュー&撮影でした。
楽しみにしていてくださいね。

※次号発売日は予告していた2月上旬より少し遅れる予定です。
お待たせして本当に心苦しいのですが、
その分、盛りだくさんの内容になります。
正式な発売日が決まりましたら、ここで発表しますので、
どうぞよろしくお願いいたします。



飛輪海への質問を大募集!

A-Bloom編集長の山本です。
12月に入り、急に冷え込んできましたね。
寒いのは苦手ですが、鮮やかに色づいた紅葉には心奪われます。

さて、来年の2月発売のvol.2制作にスタッフ一同、
日々邁進しているわけですが、
次号は、F4&飛輪海の大特集を予定しています。
そこで、このブログを見てくださっているみなさんにお願いが。
飛輪海各メンバーへの質問をここで大募集いたします。
1.誰に、2.何を質問したいかと、3.ペンネームを、
コメント欄にぜひ残してください。
いただいた質問は、編集部で厳正なる選考をしたうえで、
メンバー本人に聞きます。
音楽のことでも、ドラマのことでも、プライベートなことでも。
愛ある質問をお待ちしております。

締切/2007年12月末日


飛輪海祭り

こんばんは、編集長の山本です。
創刊号を発売しホッとしたのも束の間、そろそろ次号の制作がスタートします。
そのリサーチも兼ねて、
本日は飛輪海(フェイルンハイ)会見&イベントの取材をしてきました。

正午からポニーキャニオン社内で記者会見、
午後3時過ぎから六本木ヒルズアリーナでファン1200人を集めてのイベント。
4人とも「うれしくてうれしくてたまらない!」って気持ちがあふれていました。
日本語が相当上達した4人ですが、特にアーロンは、
質問の内容はほとんどわかっているようで、
通訳の周さんが訳す前に、他のメンバーへ説明してあげるほど。
ケルビンもイベントではアーロンに負けず劣らずの日本語力を披露し、
笑顔も弾けていましたね。
実は、会見ではとても緊張した様子で、言葉少なでした。
リーダーの自覚から相当緊張していたのかもしれません。
逆に、スポークスマンとして会見で活躍したのがジロー。
他のメンバーに話をふったり、笑いをとったりと、
絶妙な話術と堂々とした態度で報道陣の心をつかんでいました。
一方、ウーズンはおっとり天然なキャラクターがひときわ光っていました。
他の3人にツッコミまくられ、挙げ句には
会見の司会を務めたポニーキャニオンのIさんにまでつっこまれ、
『いじられキャラ』認定です。

見ているこちらが焼けてしまうほど仲が良い4人。
このイベントでは、うれしい発表もありました。
彼らの作品、
日本デビューアルバム『飛輪海〜日本限定版〜』(ポニーキャニオン)と
写真集『飛輪海 Fahrenheit First』(角川書店)、
そして12月5日発売のDVD-BOX『東京ジュリエット〜東方茱麗葉〜』
(発売元:リッツプロダクション/販売元:ポニーキャニオン)の
3点全てを購入したうえで応募すると、もれなく、
来年2月24日に行われる彼らの握手会に参加できる
<飛輪海全員握手会参加パスポート>がプレゼントされるそうです。
詳しくは、飛輪海オフィシャルサイト

http://frhj.tv/

でご確認ください。

最後に、今日は寒いなかイベントに参加したみなさんお疲れさまでした!
飛輪海本人達はもちろんですが、苦労してイベントを準備した
日本サイドのスタッフも、みなさんの大きな愛にすごく喜んでいましたよ!

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM